役員挨拶

HOME | 役員のご挨拶

会長就任挨拶

2021年11月吉日
 
 この度、会長に推挙され鶴岡先生の後を引き継ぐことになりました千葉栄幸でございます。
 私は1981年3月に卒業し、同年4月に㈱重松製作所に入社して、現在も現役で働いています。
 あまり知られていないと思いますが、当社は防じん、防毒マスクを始めとした各種マスクを製造していて、原子力発電所、研究所でも使用されています。
 
 さて、気候変動による災害が増加している昨今、この要因の一つとして考えられている温室効果ガス、とりわけCO2の排出量の増加に伴う地球の温暖化が大きな問題になっていることはご存じのことでしょう。
 CO2排出削減、カーボンニュートラルの社会の実現が近々の課題になっている現在、世界各国では原子力エネルギーの活用をどのように位置づけ、開発していこうとしているのか、また核燃料サイクルの選択など、興味を持って見守っている方が多くいらっしゃると思います。
わが国では、原爆、JCOの事故、そして東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所の事故による原子力アレルギー、原子力離れが進んでいることは皆様ご存知のとおりです。
 
 このような背景の中、学生においても原子力離れが進んでおり、原子力関連企業への就職希望者の減少、原子力工学科入学希望者の減少が進み、大学では2022年度の改組改編により、原子力工学科の名称が途絶えることになりました。
 しかし先生方の努力により、2020年4月、学内に東海大学国際原子力研究所が設置され、今後の活動が期待されるところです。
 
 本会ではホームページを開設し、本会の活動状況を始め、前述のような大学の状況、在学生の状況、卒業生の状況等をお伝えしています。
今後もさらに内容を充実させて、皆様に興味を引くホームページにして行きたいと考えています。
 また講演会等を充実させるなどを行うことで、本会が多くのOBの方々が集う場所となることを目指して行きたいと考えています。
 今日まで本会にご協力いただいた方々に御礼を申し上げると共に、今後もOBの方々が働く企業のご協力、皆様のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、就任の挨拶にさせていただきます。